facebookinstagram

【美オタ10選】『ミネラルウォーター』編 PART.1Inner Beauty, NEWS, Pick up

こんにちは

美オタ編集部です。

 

突然ですが、『人のからだは60%が『水』からできている』と知っていましたか?(ちなみに胎児は90%)

IMG_8692

そう。実はわたしたち『人間の正体』は半分以上が『水』なんです(!)。

 

つまりそれは、からだに摂り込む『飲用水の”質”』がとても大切であるということでもあります。

 

そこで今回は、コンビニやスーパーで手軽に買える『水』の中から10種類を比較。

IMG_8704

自分にあった、目的にあった『水』選びの参考にしてください♩

 

さて商品のご紹介をする前に、

皆さんがいつも購入している『水』 = 一般的な『ミネラルウォーター』について豆知識を。

 

そもそも『ミネラルウォーター』とは『どんな水』のことを指しているのか知っていますか?

 

実はちゃんとした定義がありまして、

1990年に農林水産省によって

『ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン』というものが制定されているんです。

 

このガイドラインによると、

『ミネラルウォーター』は以下の4種類に分けられます。

 

1)ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水

沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・ 化学的処理を行わないもの。

 

2)ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち

鉱化された地下水を原水としたもの。

(無機塩類が溶解した地下水)

 

3)ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のために人工的な殺菌処理や浄水処理、または成分調整をしている。複数の水源から採水した混合が行われ ているもの。

市販のペットボトルなどでよく使用されているタイプはこれです。

 

4)ボトルドウォーター(または飲用水)

上記三つ以外の飲料に適した水。

水道水などもこちらに分類される。

 

以上のように明確な違いがある割に、

普段買っている『水』はどれも『ミネラルウォーター』だと思い込んでいた」という人も多いのではないでしょうか。

 

他にもラベルをよく眺めると、

『硬度』『pH値』といった数字が書かれており、これらのバランスによって『味わい』や『からだへの効果』が変わります。

 

【硬度とは】

水1,000mlの中に含まれている『ミネラル』のうち『カルシウム』と『マグネシウム』の合計含有量を表した指標のこと。

120mg/L以上硬水

120mg/L未満軟水

 

【Ph値とは】

水の『酸性』『中性』『アルカリ性』

レベルを0~14の段階で表した値のこと。

6.9以下:酸性

7.0:中性

7.1以上:アルカリ性

 

ご紹介する【美オタ10選】の『ミネラルウォーター』で比較してみました。

スライド1

スクリーンショット 2017-03-17 16.29.37

 

商品ごとの詳しいご紹介は

【美オタ10選】『ミネラルウォーター』編 PART.2

に続きます。