facebookinstagram

【美オタinLONDON☆Report vol.18】ボディケアはいい女のたしなみではありません。忙しい女子こそ必須ケアです。Body Care, NEWS, Overseas Trend, Pick up

 

クリスマスのイルミネーションが華やかになってきましたね。特に何があるっていうわけでもないですが、いくつになってもウキウキするものです。

 

そんな心と裏腹に、やってきました。憎き乾燥シーズン。タイツを履こうと自分の足に目がいったところ、乾燥によるキメの乱れが顕著に表れていました。キメの乱れは心の乱れ。慌てて、少し怠ってしまっていたボディケアを本格的に取り入れました。

 

寒くなってくると、自然と肩が上がっていたり猫背になってきますよね。血液やリンパの流れが悪くなって、肩こりやむくみ、肌荒れの原因にもなるので避けたいものです。そんな時にもボディケアってとっても有効。

 

マッサージによって血行を良くし、新陳代謝を活発にすることでそれらを防ぐこともできますし、ちょっとしたボディケアが日々のストレスを解消し、精神的にもリラックスさせてくれます。

 

私はボディローションとボディクリームの二刀流。顔よりも使用量が多いボディケアアイテムはコスパも重要視しております。

 

まず、ボディローション。

BOTANICS ROSEWATER TONING SPRITZ(ボタニクス ローズウォーター トニック スプリッツ)

 

botanics-brand

via:http://www.boots.com/en/Botanics/

大手ドラッグストアBootsのPBブランド。配合されている植物成分は、王立植物園キューガーデンの承認付きというこだわりの高い自然派スキンケアです。顔はもちろんのこと髪や全身に使えるスプレータイプのローション。

 

ダマスクローズの優雅な香りもクセになります。100%ローズ水ではなく、ローズ水ベースの化粧水なのでお値段も手頃だし、ケチらず使えます。

 

ローションは夏場の日焼け後に使うのでは?と思われがちですが、湿度の高い背中やデコルテは濃厚なクリームを塗るより、保湿効果のあるローションが最適。濃厚なボディバターの前のブースター代わりに使うと、バターの伸びと保湿効果を高めてくれます。

 

次はイギリスでは定番中の定番!のボディクリームをご紹介します。

 

SOAP&GLORY RIGHTEOUS BUTTER(ソープ&グローリー ライチェス バター)

 

soapglory-butter2

soapglory-butter1

via:http://www.soapandglory.com/best-sellers/the-righteous-body-butter

このSOAP&GLORYは2006年にイングランドで誕生したコスメブランド。スキンケア、メイク、ボディケアアイテムまで揃う豊富なラインナップと手頃な価格が魅力です。Bootsで手軽に購入できるのもポイントです。競争の激しいコスメ業界で10年近くBootsのトップ棚に君臨しているのも納得のアイテムなのです。

 

私のお気に入りのポイントは保湿効果と伸びの良さ、そして300mLのジャータイプで10ポンドという有り難い価格。

 

ローズとベルガモットが合わさったオリジナルピンクという香りも嫌味がなく、人気の理由の一つのようです。

 

あと、この安っぽい?レトロなパッケージもインパクトありますよね。1950年代の女優さんかしら?がインパクトのあるネーミングと共に載っています。ここまでくると、ほんとチャーミング♡

 

なんせ、あのマドンナも愛用しているらしいですよ。

 

ボディバターと聞くと、濃厚で保湿効果は高いけど、伸びがいまいち悪く使いにくいというイメージがありますが、こちらは非常に伸びが良くストレスフリー。その割にしっかり潤いで密封してくれている感じがたまらなく好みです。イギリスのBest of body butter賞も受賞しています。

 

アメリカ、オーストラリア、カナダでも発売がありますが、残念ながら日本は未発売。

 

輸入代行サイトでも購入できますが、すごく高いですね( ;∀;) ミニサイズは2.5ポンドで売っているので、イギリスにお越しの際のお土産に最適です。

soapglory-3

via:http://www.soapandglory.com/

これから年末に向けて忙しい時期ですが、そんな時こそボディケアを。

 

まずは、自分の好みの剤型、香りを見つけてみるところから楽しんでみてください。

 

露出が少なくなり紫外線を浴びる量が少なくなる今、せっせとケアするアリさんになるか、怠けてしまうキリギリスさんになるか、運命の分かれ道ですよ。