facebookinstagram

ヒリヒリ”敏感”になりやすい時期は”鎮静タイプ”のスキンケアNEWS, Pick up, Skin Care, 未分類

 

一気に本格的な冬の到来。

これだけ気温や湿度が下がると体調面はもちろん、肌の調子も「あまりよくない・・・」と感じている人が多いと思います。

 

「いつもの化粧水がしみる」

「保湿してもベタベタするだけで潤わない」

「栄養価の高い化粧品を使うとあれやすい」etc…

 

そんな人にご紹介したいのが、

石井クリニック美容研究所から9月に発売された『ピュアウマプラセンタエッセンス』と『ファーメントジェル』の2アイテム。

石井クリニックは日本で初めて『美容皮膚科』を開設したことでも有名。1973年の創業当時から『医療』と『美容』を融合したスキンケアプロダクトを数多く生み出しています。

 

また美容家にも隠れファンが多く、2015年秋冬の美オタベストコスメ大賞では『THE FINGGY』の化粧水が第1位を受賞しています。

 

そして何より『肌の調子が悪いときこそ』使いたくなる”頼もしいアイテム”が多いのも特徴。新商品も「肌が弱っているかな・・・」と感じたときこそ取り入れたいプロダクトに仕上がっています。

 

【ピュアウマプラセンタエッセンス】

10mL ¥4,860(税込)

アルゼンチン産の厳選『馬プラセンタ』を採用。豚プラセンタと比較すると300倍にもなるアミノ酸と、EGF・FGFなどの成長因子、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合した美容液。

プラセンタならではの独特な香りはあるものの、塗布した瞬間乾いたアスファルトに水が染み込むようにすーっと素早く浸透。馴染んだあとは驚くほどさらさらで、ブースターとしても使い勝手◎。

 

【ファーメントジェル】

30g ¥4,320(税込)

2種のファーメント(発酵液)、ピートモス湧出発酵液とサッカロミセス発酵液を主体にヒアルロン酸とコラーゲンが肌を鎮静しながら保湿する美容ジェル。

ぷりぷりの透明ジェルはよく伸び、肌に馴染ませているうちに水のようなテクスチャに変化。仕上がりはさらさらすべすべで、表面的なしっとり感は低いものの、肌の内側に水分を蓄えているようなみずみずしさが続くのが特徴です。

 

いずれも安くないので、ついケチってしまいそうですが、しっかり実感したい方は、きちんと容量を守って使うことをおすすめします。

 

何を使ってもヒリヒリしたり、赤くなったり・・・肌のSOSを感じたら頼ってみたい”ゆらぎ対応スキンケア”のご紹介でした!