facebookinstagram

【美オタin USA★Report vol.43】”NORI”、”SAKE”、”KIMUCHI”まで!? うっかり食べてしまっても大丈夫な、リップアイテム専門ブランド ”BITE BEAUTY” の魅力Makeup & Cosmetics, Pick up

 食欲の秋… とは言え、リップスティックを自ら食べることはないと思うけれど(笑) 万が一、食べてしまっても安全なアイテムなら、長時間メイクでも安心ですよね。

 

カナダ発のリップアイテム専門ブランド ”BITE BEAUTY” は日本未上陸ながら、最近日本でもじわじわと話題に。

image1

via bitebeauty.com

 

キッチンコスメから始まったこのブランドは、天然成分による発色と、長時間の保湿、栄養分による唇の活性化を同時に実現し、旬の素材にもこだわっています。

image3-1

via sephora.com

 

ギフトボックスも大人気。とにかく、様々な角度からインスピレーションを与えてくれるブランドで、メインの「リップアイテム」の使用感、発色、保湿力、安全性、デザイン性、シェイドの数などについては、申し分のない高評価なんです。

image4
via bitebeauty.com

 

さらに素晴らしいところは、アイシャドウやチークとしても使えるところ。

 

保湿力が高いので、長時間メイクをしたまま乾燥した環境で仕事をしなければならないキャビンアテンダントさんなどから、大好評なんです。

 

下の写真のアイシャドウは、リップスティックによるメイク。

image5
via instagram.com/bitebeauty

 

このブランドの創始者であり、口紅のクリエイターでもあるスーザン・ラングミュアさんは、「アイメイクやチークとしても、リップ同様に高品質であることを求めて、そのフォーミュラを開発するための素材の配合に多くの時間を費やしました」と語っています。

image6
via bitebeauty.com

 

安全なだけでなく、軽くてなめらかな仕上がりを目指し、12種類もの食用オイルや、赤ワイン由来のレスベラトロール(ポリフェノールの一種)、サトウキビ由来のスクアレン(スクワランになる前の成分)などを駆使した商品開発を続けているそう。

 

長時間使用での抗酸化作用や、軽い付け心地ながら高いカバー力のあるアイテムを開発するために研究を重ねているのです。

 

また、ニューヨークとトロントの店内にある専門ラボでは、あなたの個性やお好みに合わせたオリジナルブレンドのリップスティックを目の前で作ってもらうことも可能!

 

所要時間は15分から25分ほどで、お値段は$150(15,000円前後)。これって、とっても素敵ですよね!

image7
via bitebeauty.com

image8
via bitebeauty.com

 

最後に、天然成分で作られていながら40色以上もあるシェイドの名前の一部をご紹介。

 

こちらは、チークとして使用するのにオススメのシェイド表。ブリオッシュ、カシュー… 一番下にはモチもありますね。

image9
via bitebeauty.com

 

他にも、”NORI”、”SAKE”、”KIMUCHI” など、一瞬目を疑ってしまうネーミングがあったりして、まるでアイスクリーム屋さんのウィンドウを覗いているようで、ついつい味見したくなっちゃいました。

 

以上、アメリカ特派員 RYOKO がお届けしました。See you!