facebookinstagram

【美オタinLONDON☆Report vol.29】番外☆「旅とコスメと私。クロアチア編」美オタ愛読者必見。夏のバカンス先候補にクロアチアおすすめです。NEWS, Overseas Trend, Skin Care

 

楽しかったゴールデンウィークも終わってしまいましたね…。

祝日が1日もなく、梅雨のはじまる6月ももうすぐそこ。こういう時は、夏のバカンス予定を立てて気分を盛り上げてください。

 

実際に休めるかどうかはさて置き、予定を立てるのは楽しいものです。
イギリスには連続した祝日はほぼありませんが、私は日本のGWに便乗してクロアチアへ行ってきました。

 

イギリスと比べて物価は安いし、ご飯は美味しいし、クロアチアワインも種類が豊富だし、大満足。

なかでもアドリア海沿岸のドブロニクは、ジブリの代表作『魔女の宅急便』や『紅の豚』の舞台となった街とも言われ、眺めも最高。そこにいるだけでなんとなくワクワクしてしまう場所でした。

 

そして、そこへ行ったら「絶対、手に入れたい!」と思っていたコスメを購入したのでご紹介します。

croasia
via:http://www.crotabi.com/mala-braca-dubrovnik/

『マラ ブラーチャ薬局』”秘伝レシピのクリーム”です。

 

『マラ ブラーチャ薬局』は、1317年に開業された世界で3番目に古い薬局

 

1番古いのはイタリアフィレンツェにある『サンタマリア ノヴェッラ薬局』

最古ということもあって知名度が高く、日本でも購入可能です。

 

でも、この『マラ ブラーチャ薬局』のコスメは、ここクロアチアドブロブニクでしか買えません修道院内薬局で細々と作っているので値段も良心的。

 

そして驚くべきは『全成分表示』一切ないのです(日本では『全成分表示』義務であり、ないモノは販売できません)。

 

アドリア海沿岸は昔から野生ハーブがいたるところに自生しており、それに着目した修道女”独自の調合でスキンケアを作ったのが始まり”だと言われていますが、

何が配合されているのか全くの謎」。

 

自分の感覚が命のコスメなのです

 

コスメ好きとしては試さずにいられないですが、アレルギーをお持ちの方は少し怖いですよね。

 

私が入手したのは、敏感肌にもおすすめと言われたKrema od Ruza(ローズクリーム)と、Mast za usne(リップバーム)

 

本当は、これにプラスしてGold Krema(ゴールドクリーム)というほのかに柑橘の香りがするマルチクリームも購入したかったのですが、観光客が大量購入攻撃を仕掛け、私から売り切れ

 

「くっそぉ!節度ある数量にしろよっ!」とは言えず、いつ入荷するか冷静に聞いてみたものの、わからないとのお返事。

ちなみに次の日にも行きましたが、その時も品切れでした。

 

そうした観光客のみならず、地元の方からも愛される超自然派コスメたち。

 

まず心奪われるのは、その”香り”です。

 

Krema od Ruza(ローズクリーム)

決してわざとらしくなく、堂々とした優雅上品ローズの香り。

rose cream

手に取るとなめらかな感触で肌にも伸ばしやすく、適度に油分が残って保膜感はあるもののペタペタベタベタしない◎。今からの季節は夜使いボディクリームとしても良さそう。

rose cream2

最先端の科学技術が詰まっているモノではありませんが、この天然のローズの香り適度な保膜感に肌も癒されるはずです。

 

ナチュラルな可愛らしいパッケージと、値段も1,000円くらいなのでお土産にもいいですね。

 

Mast za usne(リップバーム)は

バニラビーンズのさやのような優しくてほんのり甘い香り。

lip balm

固めのテクスチャーですが、オイルリッチで唇にのせるとスーッと伸びます。

 

私の場合、合わないものを使うとすぐに唇にブツブツとできしまうのですが、こちらは問題なく愛用中です。

 

「これ新しいの?」と疑いたくなるような”文字のかすれたチープな容器”に入っていますが、容器にお金をかけていないところも好感がもてます。

 

ここ以外にもクロアチアにはオトメ心ならぬ”コスメ心をくすぐるアイテム”がたくさんあります。

 

道端では、おばあちゃんクロアチア特産ラベンダーコスメを売っていたりも…。

lavender

私は普段から、虫刺され軽いやけどにはラベンダーエッセンシャルオイルを塗布しています。痒みにも効きますし、跡も残りにくいのでお勧めです。

 

おばあちゃんから30mLサイズを数百円で購入したら、おまけにポプリを付けてもらいました♡ スーツケースに入れていたら、使用済みパンツまでラベンダーのよい香りに(笑)。

 

日本からは決して近くはないですが、大満足間違いない国です。この夏のバカンス先候補に入れてみてはいかがでしょうか。