facebookinstagram

捨てないで! 冬限定・みかんの皮でつくる『なんちゃって陳皮』の美活術★Inner Beauty, NEWS, Skin Care

 

こんにちは、美オタ編集部です。

 

冬の果実の定番といえば、みかん!

 

ビタミンCや食物繊維も豊富だから、実は美容や健康にもバッチリだって知っていましたか?

今日みたいな寒い日は、『こたつでみかん』に限るんですよね〜。

 

ところでみなさん…食べ終わったみかんの皮はどうしていますか?

 

もし捨ててしまっているなら、ちょっと待って! みかんの皮には”女性にうれしい栄養素”がたっぷりなんです。

 

とは言えそのまま食べるわけにもいかないので…今回は、みかんの皮の栄養素を、カンタンに摂れる方法をお教えします。

 

◆みかんの皮に含まれる栄養って?

みかんの皮に含まれるポリフェノール”ヘスペリジン”は、毛細血管を丈夫にして血流を促す働きがあり、胃腸を整えたり風邪を予防したりするのに役立ちます。

 

なかでもみかんの皮を乾燥させた『陳皮(チンピ)』は、漢方に使われる生薬の一種として古くから親しまれてきたもの。

 

正しい陳皮の作り方は、みかんの皮を一年間乾燥させるのですが、美オタ編集部では『なんちゃって陳皮』を作ってみんなで愛用しているんです★

 

◆なんちゃって陳皮の作り方

① 美味しく食べ終わったみかんの皮をお湯に3分ほど漬けてワックスを落とします

② 取り出したら水で洗って、キッチンペーパーなどで水気をよく取りましょう

③ ベランダなど風通しのよい場所に置いて、一週間ほど天日干し

④ みかんの皮がカリカリになったら完成です!

 

◆なんちゃって陳皮の美活術

 

❶ お風呂に入れる

『なんちゃって陳皮』を2~3㎝幅にカットし、目の細かいネットに入れます。そのまま湯船に入れれば、血行アップ&風邪予防が期待できちゃいます。ほのか〜なみかんの香りも気分が安らぎます♩

まれにピリピリと肌刺激を感じる人もいるので、そのときはすぐにシャワーを浴びて、よく洗い流してください。

 

❷ 紅茶に入れる

寒い季節は、あたたかいお茶を飲む機会も増えますよね。そこで、ちぎった『なんちゃって陳皮』と紅茶で即席のフレーバーティーに。香りがよいだけじゃなく、体の中からポカポカになれちゃうんです★

みかんの香りを楽しむポイントは、クセの強くない茶葉を選ぶこと。 美オタ編集部では、『ダージリンTEA with なんちゃって陳皮』が人気です!

 

この時期限定、みかんの皮でつくる『なんちゃって陳皮』の美活術。

 

みなさんもぜひ試しを〜🍊